大腸の内視鏡の意義。

大腸ガンの発症が年々増加している最近では、定期検診の一環として内視鏡を行っている人も多くいます。何か気になる症状があらわれて受診する方も多いのですが、検診だと何の症状もないうちに発見できるので、とても有効だと考えられます。大腸の内視鏡にあたっては便が殆ど透明になるまで水剤の下剤を飲む必要性があり、これが一番辛いのではないかと言えます。そして腸の中が綺麗になって初めて検査が始まるのですが、ファイバーを通して見ると、腸の中はとても綺麗な色をしています。そんな中で不規則な膨隆が見られたり色が悪かったりすると細胞診を行う事があり、がんであるかどうか判断する事になります。大半の場合は良性の腫瘍ですが、悪性に転化しない様にも検診が必要となってきます。この様な事から、自分では健康体だと思っていても検診を受ける事はとても大切です。

大腸の内視鏡検査の大切さ

ある程度の年齢になるまでは健康診断などの検査項目もあまり多くありません。日本人の寿命は延びている上、年齢に対して若々しく見える人もたくさんいるため、自分はまだ若くて健康だから健康診断は必要無いと独断する人もいます。毎日忙しく生活していると健康診断に割く時間さえ惜しいと言う人もいますし、特に胃カメラや大腸の内視鏡検査などは怖いというイメージも先行して余計に避けがちになります。身内や知り合いに大腸を患っているという人がいない限りは病気の恐ろしさは実感しにくいのも事実です。しかし、芸能人や著名人で大腸を患っている人や内視鏡検査を受けて病気を発見したというニュースは聴くことがあります。病気になった人は、普段の検査の大切さをも訴えています。インターネットや手紙を通して励ましたり応援するのも良いことですが、自分の健康について改めて意識する機会にするべきです。

痛みのない大腸の内視鏡検査で早期発見、早期治療

タンパク質系の食べ物を多く取る食事に代表される食の欧米風化により近年、40歳前後から大腸がんの罹患率が増加しているので、自治体や職場の定期健診においてまず最初に便潜血検査を早めに受診することが勧められています。一般的には便潜血検査で便に血が混入していることが判明したら検査前日から大腸内を水洗浄する作業を行って翌日、肛門から内視鏡のついたファイバースコープを挿入して盲腸、結腸、直腸の順にがん発生の有無を調べる検査です。大腸がんは早期発見、早期治療による5年生存率が極めて高いとの実績が出ているので、1、2年に1回は検査した方が良いようです。この検査では検査前の洗浄できれいに空になっていれば初期がんでも発見率が高いので早期発見が何よりのようです。内視鏡を挿入して検査中に早期がんやポリープが発見されると内視鏡の先端から専用器具を出してその場で切除してくれますが、大腸の粘膜には神経がないので痛みを感じることはないので大助かりです。

医院の最新情報は「医院ブログ」も是非チェックしてください! 経験を積んだ内視鏡技術と軽い鎮静剤により、無痛で楽な内視鏡検査を行っております。 日本人で増加している大腸がんに対し、ポリープを発見することで事前に予防をして、健康を維持する実績を持ちます。 無痛内視鏡検査のメリットは、苦しまずに検査が受けられ、もし病気があったとしても早期に発見出来る事です。 大腸内視鏡の検査ならたまプラーザへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>