大腸内視鏡検査は、消化器内科等の診療科目の病院で受けることができます。内視鏡で直接腸の中を診ることができますので、ポリープやガンなどを早期発見することができます。検査を受ける前日は、夕食を17時頃に食べて早めに就寝します。病院によっては、前日に下剤を服用することが必要な場合があります。検査の当日は、食べ物や飲み物の摂取は禁止されます。喫煙や薬を飲むことも禁止です。指定された時間に病院に行き、下剤を飲んでから大腸内視鏡検査が行われます。鎮静剤を投与されますので、痛みを感じることはありません。検査は数十分程度で終わり、検査が終わってからしばらくの間は、ベッドに横になって安静にします。おならがたくさん出ますが、大腸が活動をしている証拠ですので心配はありません。検査をしてから1時間経過すると、食事をすることができます。

大腸内視鏡検査のイメージ

大腸の内視鏡検査って、怖いイメージがありますよね。以前検便検査で引っかかって、内視鏡の検査を受ける様に先生から勧められたんですが、踏ん切りがつかずやめてしまいました。40歳過ぎたら一回は必ず受けた方がいいとも聞きますね。ガンではなく良性のポリープを持ってる人もたくさんいるらしいけれど、検査で発見すれば同時に取り除いてくれるそうなので、手間が掛からないんだとか。しかし何と言っても、その前に大腸を綺麗にしなければいけないわけで。下剤を飲んで全部出すというのは、普段快便の人にとっては何てこと無いかもしれませんが、便秘症の者にとってはかなりの苦行です。腹痛で何度も苦しい体験をしたので、どうにも気が進みません。実際に内視鏡を入れる段階でも、吐き気を催すとか何とか…そういう話を聞いてしまうとやはり怖いです。

大腸の検査は内視鏡でします。

日本人は、特にご年配の方たちにおかれましては、健康管理には、とても意識が高く、普段から食べ物や、運動をしたり、といった具合にいろいろと心がけて努力を、されていらっしゃるように感じています。それと、平行して、定期的に病院へ行き、いろいろな検査も積極的にされていらっしゃる方も大勢いらっしゃるようです。一日がかりの人間ドッグや、お誕生日に送られてくる各自治体の健康診断など、いろいろとあります。現代人には、ガンという病気も多く、適応する検査もあるようです。特に大腸がんも多いのだそうです。そのため、大腸に内視鏡を入れて検査をする方法が、一般的のようです。とても、辛い検査だということを、耳にしています。前日から、下剤と、2リットルほどの水を飲み、腸の中のものを、全部出し切るのだそうなのですが、それが、一番大変なのだそう