毎年の健康診断はとても重要になります。特に日本人に多い病気など発見されることもありますし年1回の健康診断はとても大事なことです。また健康診断で再検査になった場合には必ず受けるようにしましょう。大腸の内視鏡検査なども簡単にできるので、受けてみるべきです。やはり気になることは全てクリアしておくことが重要になります。しっかりと検査をうけることで安心して日常生活を過ごせますし、色々と計画的に生活してくことができるので重要になります。大腸は自分でも気づかないうちに病気になることもありますし、内視鏡検査はとても重要になります。ポリープができていることもありますし、手術が必要になることもあるのでしっかりと検査をして状態を確認しておくことで安心した毎日を過ごせるようになりますし、快適な生活を送ることができます。

大腸内視鏡検査に関する注意事項

大腸内視鏡検査を受ける場合、正確な検査結果を得るために、いくつかの注意事項があります。きちんと守って検査を受けましょう。まず、検査前日は腸への負担を少なくするために、夕食は早めに摂りましょう。夕方5時頃までに済ませるのがベストです。場合によっては、前日から下剤を飲むよう指示が出ることがあります。その場合は、医師の指示に従ってください。検査に備えて早めの就寝を心がけましょう。検査当日は、食事や飲み物、煙草や薬などの摂取は禁止です。常用している薬がある場合には、医師の判断を仰ぎましょう。下剤の処置があるので、指定された時間に遅れないよう、着替えやすい服装で行ってください。病院についたら前処置として下剤を飲みます。そして、下剤で腸が綺麗になったら検査を開始します。検査後は、当日中は運転は禁止です。飲食するには、検査後一時間はあけてください。入浴はシャワーのみにとどめ、激しい運動も避けましょう。

大腸の内視鏡検査、やりました

潜血便検査をした際に陽性反応がでてしまって、再検査をしたほうがいいといわれたことがきっかけで、大腸の内視鏡検査をやりました。どうせ痔だろうと思ったのですが、「もしかしたら」という不安も頭をよぎり、この際だからきちんと検査をしてもらったほうがいいなと思ったんですよね。検査前には食事の制限があったり2リットルもの下剤を飲んだりしなくちゃいけないので、大変といえば大変でしたが、苦ではありませんでした。検査自体は、先生がベテランだったということもあり、ほとんど痛みもなく終了しました。結果、問題なしということだったので、ほっとしています。今は、日本人の3人に1人が癌になるといわれていますし、不安を抱えて生活するよりも、きちんと検査を受けて、安心して生活する方がいいですよね。定期的に検査を受けることを、周りの人にもすすめたいです。