最近お腹の調子が良くないと悩んでいる人が増えています。現代は食生活の変化から大腸がんに罹る人が増加していますし、ポリープなどの病変が見られることも多いです。不安を感じている人は大腸の内視鏡の検査を受けるようにして下さい。検査の前日は早めに就寝をするようにして、当日は飲食やお茶を飲むのも厳禁です。腸をきれいにするために、下剤を処方されるため、何度かトイレに行きたくなります。肛門に内視鏡を入れて、腸内の精密検査を行いますが、時間は20分から30分程度で終わります。精密検査を受けるのに抵抗を感じている人が多いですが、現代は痛みが少なく体に負担の少ない方法なので、安心して下さい。入院をする必要がなく、帰宅ができますが、当日は自動車の運転は控えるようにして下さい。大腸の内視鏡の検査を受けることで、病気が早期発見できます。

自覚症状がないときの大腸内視鏡のススメ

近年、2人に1人はがんを発症する時代ですが、大腸がんは男性で3位、女性で1位の死因です。多くのがんで早期発見が求められる中、大腸がんは便が細くなることや便に血が混じるなどといった症状から、日常生活で自分でも気づくことができます。それに加え、大腸がんは早期発見により完治が可能です。それにもかかわらず大腸がんが死因の高位を占める理由に、痔ではないかといった勝手な自己判断や内視鏡への抵抗があります。痔は3人に1人が発症している身近な病気の1つですが、おそらく痔だろうと放置し、完治可能な大腸がんで余命宣告を受けた人もいるのが事実です。大腸がんの早期発見に最も有効な手段は内視鏡検査です。この検査は、肛門からカメラを入れて、視覚的にがんやポリープなどを見つける検査です。肛門からカメラといった恥ずかしさや、時として痛みを伴うことなどから悪いイメージを持たれることが多い検査ですが、最近では全身麻酔下で行われ、ストレスなく検査を終えることもできます。一般的に大腸がんの発症率が増える40歳以上の検査が勧められますが、大腸がんを予防するためにも自覚症状がないときの検査が必要です。自分の大腸の状態を確認できる上に、その後の定期検査によって健康なときの状態と比較できるからです。自分の人生を楽しむためには健康が大切です。内視鏡検査は、自分の健康を見つめる良い機会となるはずです。

大腸の検査と言えば内視鏡を使った検査です

現代人で最も増えている病気の一つが癌です。この病気は何よりも早期発見をして早期に治療を行う事が大切です。そこで、早期発見を行う為にも検査が必要となります。例えば、大腸の検査の一つとして内視鏡検査があります。カメラをお尻の肛門に入れて行う方法となっているので、負担が掛かるのではないかと言う事が心配な方もいます。しかし、検査に掛かる時間は平均10分程度です。その為、心身ともに最小限の負担で済みます。痛みも熟練された技術を持っている医師に受けることで心配なく検査を受けることが可能です。医療技術も日々進歩していますから、古くから伝わっているような痛みがあるという事はなく受けられる検査方法の一つと思っていて良いです。この検査を行う事で、癌になる前の段階のポリープを発見する事も出来ますから、定期的に受けることが重要です。